門蔵山と黒磯

門蔵山と黒磯

虹ケ浜海岸の西の端にある、海に突き出た樹木の繁る丸い 山が「門蔵山」です。丸い形から、一時期は丸山とも言われていました。昔、門蔵さんが山守をしていたのでこう呼ばれています。漁に関連した見張り所だったようです。

近年、道路建設の予定地調査で、この山の東斜面で「組合箱式石棺墓」が発掘されました。また、この山の北側にある瀬戸風山には狼煙場があり、近くのJR山陽本線のトンネル上方には二基の箱式石棺(懸山古墳)が発見されたように、このあたりは海上交通と係りの深い豪族の拠点があったのでしょう。

この門蔵山の麓一体の海岸は黒磯と云われ、虹ケ浜の白砂海岸とは対照的な岩石海岸です。海にはワカメやヒジキなどの海草が繁殖し、サザエやナマコの好漁場で、磯釣りのポイントでもあります。

  • 虹ヶ浜
  • その他
  • 潮音寺山ライトアップ
  • 2018年 元旦登山
  • 第13回 虹ケ浜海岸松林保全ボランティア事業
  • どんど焼き