島 田 川

島 田 川

 島田川は、その源を岩国市由宇町の天ケ岳に発し、23の支流を集めながら瀬戸内海に注ぐ、本線流路34.5kmの二級河川です。

昔は、上流地域との水上交易や大きな水車で汲み上げ農業水などに利用していました。現在では、島田川の伏流水は光市民の大切な水道水源や工業用水などに利用され、流域社会の生活・経済を支えています。

 源泉から河口まで、多種多様な貴重な動植物が育まれ、魚種は約65種、鳥類は約150種確認されています。また、河口付近の浅江地区には、「水鳥の道」が設けられ市民の憩いの場となっており、水鳥や浜辺の植物・水生生物の観察ができます。また、春になると下流の両岸には桜が咲きほこります。

  • 虹ヶ浜
  • 島田川
  • その他
  • 平成29年度 浅江コミュニテイセンター文化祭
  • 第7回ニジガハマギク創作賞